フィルムは最高さ!

A member of Nikon Kenkyukai Tokyo(ニコン研究会メンバー since 2014) フィルムの素晴らしさに魅入られ、フィルムカメラを普段から使用しています。Nikon F6 と F2、 Leica M3 、M4 、M10 、Rollei35、そして HASSELBLAD 500C/M を愛用中。

鬼ヶ城 その2

前回のブログの続きです。

鬼ヶ城の周遊コースは絶壁を歩くところもあれば、広大な踊り場みたいな場所があります。

DSC-0500.jpg

↑ 左下に居る人と比べると大きさが良くわかりますね。

DSC-0502.jpg

熊野灘の海が綺麗過ぎて、途中で足を停めてしまい見入ってしまいます。

ポイントポイントで名前が付けられています。
↓ これは「鬼の見張場」

DSC-0510.jpg

DSC-0511.jpg

「鬼の見張場」から見る熊野灘
攻めて来る敵(鬼さんにとって敵って?www)は隠れる場所が無いでしょ。


次のポイントは、「蜂の巣」

DSC-0518.jpg

DSC-0519.jpg

こんな大きな穴に居る蜂の子を想像するだけで怖くなりますががががが・・・・・
(比較するものを入れてないからサイズが分かりづらいですけど、ひとつの穴の直径は10~20センチあります)


熊野灘、是非現地で見てみてください。(^^)

DSC-0514.jpg


DSC-0534.jpg


DSC-0535.jpg





スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/27(土) 06:04:57|
  2. スナップ撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼ヶ城

国の天然記念物にもなっている国立公園『鬼ヶ城』に行って来ました。


DSC-0492.jpg


入口ではホント、鬼が口を開けて待ってました!!!

DSC-0497_R1.jpg

でも、コメカミの部分にお花が咲いていたので、可愛らしくもありますね(^^)

DSC-0508.jpg

通路は往復1時間くらいですが、一部絶壁のところを歩くので、緊張します。(笑)
熊野灘の荒波に削られた大小の海蝕洞が約1.2km続く凝灰岩の大岸壁です。

DSC-0517.jpg

海がホント綺麗でゆっくりと歩くだけでも癒されます。


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/20(土) 06:54:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱり、フィルムは最高 (私見です)

私のブログ名とほぼ同じタイトルですいません(笑)

先日現像依頼を出してあった、カラーリバーサルフィルムを受け取って来ました。

ライトボックスで見ると、『ああ、綺麗だなぁ』とため息が止まりません。

20170501_08_F6_24-70mm_RVP100_熊野獅子岩_R ← Nikon F6、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

↑ 今回のカラーリバーサルフィルムは ベルビア100を使用しました。

ブログに掲載するためには、スキャナーで撮ったあと、Photoshopで「画質調整 → 自動スマート補正、レベル補正 → jpeg で書き出し」 をしていますが、それだけで綺麗に掲載できます。

上の写真は、Photoshopで「画質調整 → 自動スマート補正、レベル補正 → jpeg で書き出し」 したものです。


デジタルカメラで撮った写真の場合は、RAW画像データ → 自動階調調整 をするくらいで終わらせています。
(デジタルカメラでの設定は、RAW + jpegファイルです)


LM-1000310.jpg ← Leica M10、SUMMILUX-M 35 mm f/1.4 ASPH., SILVER

↑ これは前述したように、RAWデータを Lightroom で 自動階調調整 をしたものです。
Lightroom にまだ慣れていないせいか、いまいちな感じがする。Lightroom のノウハウ本を買って来るしかないかな・・・・(^^;)

どなたか、最適な書籍、HPをご存知ないでしょうか?



  1. 2017/05/14(日) 16:09:37|
  2. スナップ撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ